MENU

私の希望が叶えられました

医療従事者に


私が看護師を目指したのは、母と祖母の闘病生活を間近で見ていたからです。
私自身、胃腸炎を患った時、病院で手厚い看護を受けて、いつか私も誰かの役に立てる医療従事者になりたいと思いました。
その後、無事に看護学校に入学、様々な体験を経て卒業をすることができ、ある福祉・介護施設に就職することができました。
施設の利用者はほぼ高齢者の方々で、まるで祖父母のような年代の方々ばかりです。
利用者のみなさんに可愛がってもらうことができ、何事もなく仕事ができると思っていました。


送る者のつらさ


利用者さまがみな高齢ということからわかっていはいたことですが、元気だった方が急に容態が急変してお亡くなりになった時は正直きつかったです。
また、看取り介護といって、積極的な治療はせず、お亡くなりになるまでただ看ているだけのこともありました。
親族の方がそれが良いというのですから、部外者の私がどうこう言うことはできません。
ただ弱っていくのを見ているのは、本当につらいものがあります。
だから、親族の方はすべての福祉・介護施設のスタッフに任せてしまうのかもしれません。


もっと役に立ちたい


そんなことをしていると、自分は本当に利用者のみなさんの役に立っているのだろうかとだんだん自信が無くなってしまいました。
自分自身落ち込んでしまうことも多くなり、もっと人の役に立てるところに転職したいと思ったのです。
可愛がってくれた利用者のみなさんには申し訳なかったのですが、もっと自分にできることを探したかったのです。
ネットで探してみると、転職支援サイトはいくつもあり、掲載されている求人も豊富でどんな求人もあります。


コンサルタントのすすめ


あまりに豊富に求人があると、いったいどれが自分に向いているのかわからなくなってしまいます。
そんな時に、コンサルタントの方と面談をすることができ、まず自分は何をしたいのかを掘り下げて考える機会を持つことができました。
じっと話を聞いていてくれたコンサルタントの方が、それなら地域医療で頑張っておられる病院があるのでそこで働いてみませんかと言ってくれました。
その地域の救急医療を担っている病院で、大変そうでしたがやり甲斐のありそうな病院です。


転職をして


転職をして、今まで救急で運ばれてきた患者さんでお亡くなりになった方は幸いにしていません。
この病院には、みんながチームとなり、どんなことをしても助けるのだという連帯感があります。
そして、患者さんが元気になって退院される時、本当に転職をして良かったなと思います。
あの時、すすめてくれた転職支援サイトのコンサルタントの方には感謝してもしきれません。